タグ別アーカイブ: スキップフロア

【思い思いの過ごし方】片すみに小上がり的スペースのある明るく開放的なリビングダイニング



こちらのお宅のこのリビング・ダイニング、ちょっと素敵なんです。

片隅の窓際に小上がり的な1段高い寛ぎスペースのある明るく開放的なリビング・ダイニング・キッチン

 

外部に面した壁が一面ガラス張りになった明るく開放的なダイニング。

片隅の窓際に小上がり的な1段高い寛ぎスペースのある明るく開放的なリビング・ダイニング・キッチンのダイニングスペース

 

隣接するベランダにもテーブルとチェアのセットが置いてありまして、こちらも屋外ダイニング的なスペースとして使えるようになってます。

片隅の窓際に小上がり的な1段高い寛ぎスペースのある明るく開放的なリビング・ダイニング・キッチンのダイニングとその向こうのテラス

 

そして、リビングエリアの端、窓際のエリアには、床から30cm程度高くなった作りの小上がり的スペースが。

リビング・ダイニング・キッチンの片隅の窓際に作り込まれた小上がり的な1段高い寛ぎスペース

この極端に低い感じ、良いですよね〜。天気の良いポカポカ陽気の冬の日のお昼間に、ここでゴロゴロ日向ぼっことか、これもうサイコーなんじゃないでしょうか。畳を敷いて和のスペースにしちゃうというのもありかも。

サイドには普通のリビングスペースも作り込まれてますから、あっちでは誰かがゴロゴロしてるその脇で、こっちでは本を読んだり編み物したり、みたいな感じで、空間を共有しながらそれぞれが思い思いの過ごし方をする、みたいなのもよろしいのではないでしょうか。

リビング・ダイニング・キッチンの片隅の窓際に作り込まれた小上がり的な1段高い寛ぎスペースを横から2

リビング・ダイニング・キッチンの片隅の窓際に作り込まれた小上がり的な1段高い寛ぎスペースを横から1

そういえばいまさらながら思い出しましたけど、うちの自宅にも、こんな感じの小上がり的スペース、欲しいなと思ってたんですよね。いまからちょうど10年ほど前、今の家を建てる際に考えた初期プランの1つには間違いなく入っていたんですが、なんだかんだとバタバタしているうちにいつの間にか実行プランの中から漏れ、そのままになってしまったという……。

そう遠くないいつの日かやってくるリフォームの際には、是非とも実行プランに盛り込んでみたいものです。ということで、とりあえず「自宅用」のタグをつけておきたいと思います。

( via dezeen )

【使い易くていろいろ遊べる】フロアの一画に作り込まれた使い勝手の良い小上がり空間



こちらのお宅、フロアの作りがいい感じだなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

小上がり的に一段高くなったエリアのあるベッドルーム

窓側のエリアが、スキップフロア的に一段高い作りになったベッドルーム。

フロアの一画に作り込まれたこういう小上がり的なスペースとか、スキップフロア的な作りでつなげられているフロアやスペース、このサイトでも今までにも何度かご紹介したことがあるんですけれど、いいですよね。こうやってほんの少しフロアを上げてあるだけで、周囲のエリアとはちょっと違う感じの、使いやすいさのあるスペースになってくれるというか。

小上がり的に一段高くなったエリアのあるベッドルームに置かれたベッド

このお宅ではベッドを置いてますけれど、ここに直に布団を敷いたとしても、違和感や抵抗感も全くなくいけちゃうと思いますし、例えば寝室でなくリビング的なスペースとして使う場合なんかにも、ラグやマットレスを敷いたり、ちゃぶ台と座布団、 その延長でいけばこたつとか、どういう使い方をしても柔軟に対応してくれる、ある種の懐の深さのようなものがあると思います。

 

リビング・ダイニングの一画にも、やはり同じように、一段高くなった小上がり的なスペースが作り込まれてたりして。

スペースの一画が小上がり的に1段高い作りになったダイニング1

ダイニングの一画に作り込まれた、1段高くなった小上がり的なスペース

寝心地のよい低反発のマットレスでも用意して、ゴロゴロしながら読書とかひなたぼっこができるようなスペースにしてみたりするのも素敵ですし、それこそ、畳でも敷いて完全な和な感じにしてしまうというのも良さそうです(よく考えたら、こういう「和のスペース」みたいなのがあるリビングとか、普通にありますもんね)。

いっそのこと、真ん中に穴を掘って掘りごたつみたいにしたら最高かも。

スペースの一画が小上がり的に1段高い作りになったダイニングの小上がりの上から

 

このポストを読んでいる方の中に、これから家を建てたりリフォームしたりするご予定のある方がいらっしゃいましたら、こんな感じのいろいろ遊べる小上がり的なスペース、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

( via Home Adore )