タグ別アーカイブ:

【キッチン脇にDIYで作りこみ】シンプルで使いやすそうなサブウェイタイル貼りのパントリー



こういうパントリー、うちの自宅にもあったら良かったなと。

DIYでリノベーションしたサブウェイタイル貼りのパントリー1

うちにも一応パントリー「らしきもの」はあるんですけれど、こういうウォークイン型じゃなくて、どちらかというと、「キッチン脇にある造作収納スペース」みたいな感じなんですよね。

だからといって別に使いづらかったりもしないですし、乾物とか大物調理家電とか、その他もろもろまとめて収納しておけるのでとっても重宝してるんですが、こういうのを見ると、やはりちょっと良いなと思ったりするもので。

 

床から天井まで、周囲をぐるりと囲う6段の棚。

DIYでリノベーションしたサブウェイタイル貼りのパントリーの床から天井を見上げる

 

細長くシンプルな作りながらも、収納力があって使いやすそうなこの感じ、いいですよね。

DIYでリノベーションしたサブウェイタイル貼りのパントリー2

 

こちら、ロサンゼルスから東へ約180kmほどの場所に位置するカリフォルニア南部の街、パームスプリングにお住まいのJordanさんのお宅なんですけれど、実はこのパントリー、自分でDIYでリフォームして作り込んじゃったものなんだそうで。

まずはパソコンでフロアプランを作成しまして、

DIYでリノベーションしたサブウェイタイル貼りのパントリーのDIYプラン

 

必要な部材は、アメリカの老舗住宅用部材・建築資材販売チェーン Lowe’sにて購入。

DIYでリノベーションしたサブウェイタイル貼りのパントリーの作業風景

 

古い棚を取り払い、内装を剥がして、

DIYでリノベーションしたサブウェイタイル貼りのパントリーのビフォア

 

サブウェイタイルを貼り、棚を取り付ければ一丁上がり。

DIYでリノベーションしたサブウェイタイル貼りのパントリー4

こうやって具体的な流れをみてみると、思ったよりもずっと簡単にできそうな気がしてきますね。棚板なんかも今どきはホームセンターでカットまで普通にやってくれますし、もっとこだわりたかったら、木材のネット通販で頼めばどんな板材でも選び放題ですし。

 

キッチンって、主婦(や、今どきはそれ以外の方もでしょうけれけど)が、毎日かなりの時間を過ごす、家の中のメインの作業場所の1つですから、日々いろいろなものが増え続け、ちょっと油断してるとすぐに大変な状態になっちゃうわけです。

そうならないためにも、毎日の作業の流れの中で、その都度その都度で整理整頓できるようになってることが大切だと思うんですよね。でも、収納スペースって、キチキチだといつの間にかごっちゃになって整理整頓するのが格段に難しくなっちゃうじゃないですか。

その点、このくらいゆったりとしたスペースが用意出来てると、何をするにもやりやすいですし余裕を持ってできていいですよね。

DIYでリノベーションしたサブウェイタイル貼りのパントリー3

日本の都市部の住宅事情を考えると、これだけのスペースを確保してパントリーとして専有するのって、現実問題としては結構贅沢な部類に入ることなのかなとは思いますけれど、それに見合うだけの価値はあるのではないかなと。

これからお家を建てたりリフォームしたりするご予定のある方がいらっしゃいましたら、「キッチン脇にパントリー」、コンパクトでも良いので、検討アイテムの1つに加えてみてはいかがでしょうか?

( via OH HAPPY DAY )

【日常の中の遊びスペース】壁面にたくさんの棚と植物と雑貨のあるリビング



棚がたくさんあるスペースって、いろいろな遊び方ができそうでちょっと良くないですか?

壁面にたくさんの植物用の棚の造作されたリビング1

こちら、オーストラリアのメルボルンの観葉植物用の雑貨などを取り扱うIVY MUSEというお店の一画でして、棚も植木用の各種雑貨類も全部こちらの取り扱い商品なんですけど、どれもとっても素敵ですよね。

家を建てる前にどこかでこういうアイディアに出会えてたら、自宅のリビングの壁にもきっとこういう棚をたくさん作ってたんじゃないかなと。

壁面にたくさんの植物用の棚の造作されたリビングのコーナー

壁面にたくさんの植物用の棚の造作されたリビング2

 

僕自身が個人的に観葉植物や家庭菜園好きというのもあるんだとは思うんですけれど、緑に囲まれた室内空間って、庭やテラスなんかの屋外とはまたちょっと違っていい感じかなと。

植木そのものを置くのも当然いいですけれど、

IVY MUSEの植物用壁面造作棚4 観葉植物

 

植物用の各種ツールにちょっとこだわって、そういうのも一緒にディスプレイしてみたり、

IVY MUSEの植物用壁面造作棚1 多肉植物 スコップ

 

お気に入りの雑貨類をなんかを並べてみたりするのもいいですよね。

IVY MUSEの植物用壁面造作棚5 雑貨他

 

植物だったら、室内ですから、水気をあまり必要としないようなサボテンの類とか多肉植物なんかがいいんですかね。

IVY MUSEの植物用壁面造作棚2 サボテン他

 

イメージを膨らませて位置決めてという感じで、棚のレイアウトを考えるその作業そのものも含めて楽しめちゃいそうな気がします。高い場所にぽつんと1つ棚をつけて、そこに存在感のあるアイテムを置いてみたり、みたいなのとか、想像するだけでもちょっと楽しい気持ちになってきます。

でも、模様替えのこととかいろいろリアルに考えると、本当にこういう棚をつくるんだったら、ロイヤルの金具とかを使って自在に動かせるようにしておくといいのかも。シンプルな白いタイプのとかを壁に埋め込んでおけば、あまり目立たなくて、金具自体も気にならない気がしますし、例えば植物を育てるにしても、必要な日照量や温度、通風なんかの条件に合わせて季節ごとに気軽に位置をずらして、みたいな感じで使えますしね。

 

自宅の中に、こういう感じの日常的に遊べるスペースやアイテムがあるのって、とっても素敵だと思うんです。

これから家を建てたりリフォームしたりするご予定のある方がいらっしゃいましたら、こんな感じの「棚のたくさんあるリビング/ダイニング」、検討候補の1つに加えてみてはいかがでしょうか?

うちの自宅も、リフォームするときにはリビングの壁あたりにこういう感じの棚、入れてみようかな。

( via IVY MUSE )